国府台保育園【先輩メッセージ】

1998年入職 彰栄保育福祉専門学校

園の自慢

 恵まれた自然の中で神様に守られ子どもたちがのびのびと育っています。
私は、3人の子を育てながら仕事を続けていますが、母になってからの保育も新しい発見がいっぱいです。

後輩へのメッセージ

 自分の得意とするものを見つけてください。
人とのつながりを大切にして元気と笑顔が自慢できるといいですね。

おすすめの絵本

 「ちょっとだけ」(こどものとも絵本)瀧村有子(著) 鈴木永子(イラスト)
ストーリー
弟が生まれて、なっちゃんはお姉さんになりました。
お姉さんになったことで感じる切なさ、そしてそれを乗り越えることで成長していく子どもの姿を母親の深い愛情とともに描いています。

2020年入職 清和大学短期大学部

国府台保育園の素敵なところ

 国府台保育園は、園舎がとても広くきれいです。また、大きい園庭があり、子どもたちと鬼ごっこや虫探しをしたり、ボール遊びをしたり、戸外遊びを伸び伸びできます。
斜面滑りもとても楽しいです。
職員の方々もみんな優しく、業務上の困ったことや子どもの接し方など一つひとつ丁寧に教えてくれます。

実現したい夢

 元々スポーツ指導をメインで実習などしてきたので将来、国府台保育園で親と子どもでスポーツレクリエーション活動をしていきたいと思います。親子でふれあう遊び、気持ちを共有できることをしたいと思います。 

保育士という仕事の魅力を教えてください

保育士はとても大切な仕事です。少子高齢化で子どもたち一人ひとりがとても大切な存在です。
 保育士をしていて一番嬉しい瞬間は、子どもの笑顔が見られた時です。泣き顔も怒った顔も全部大切な子どもの姿ですが、やはり笑顔は格別です。慣らし保育で泣いていた子どもが笑ってくれた!
 登園時、笑顔で近づいてきてくれたなど笑顔あふれる環境の中で働ける仕事は、保育士の魅力だと思います。

2014年入職 武蔵野大学 教育学部

国府台保育園に就職した決め手

  私が国府台保育園に就職したいと思った決め手は、私が卒園した母園だということです。私が過ごしていた時の園舎は、改築されて、今ではとてもきれいな園舎になっています。思い出の保育室や廊下、園庭はなくなってしまいましたが、保育園児時代にお世話になった先生方が、まだ沢山働いていて、懐かしさとあたたかい雰囲気はそのままでした。
きれいな園舎、自然いっぱいの恵まれた環境、あたたかい先生たちの中で働きたいと思いました。

保育士という仕事の魅力

子どもとの楽しい時間だけでなく、何かに挑戦している時や、試行錯誤している時、一緒に過ごすことで子どもとの関わりを深く感じることができます。今日は仕事に行きたくないなと気持ちがむかない時でも、先生〜と迎えてくれる子どもの笑顔を見ると、とても癒されて、そんな気持ちもすぐに忘れてしまいます。

給食がおいしい!

 国府台保育園は、給食がとってもおいしいです! ミートソース、パリパリ豚さん、カレーうどん、赤魚の唐揚げ等、子どもだけでなく、大人にも人気のメニューがいっぱい!
戸外で身体を動かしていっぱい遊び、給食を楽しみに保育園に戻ってきています♪