こうぜん保育園市川

社会福祉法人富福祉会
〒272-0804 市川市南大野2-23-11
電話:047-701-5920 FAX:047-701-5921
職員のチーム力【仕事内容】
互いを認め合い、補い合うことで一人では成し得ない大きな成果が出ます。子どもを育てる上で、職員同士の良好な関係作りは必要不可欠です。
はだし保育【保育】
はだし保育を行うことによって、土踏まずが形成され、偏平足がなくなります。当園では4~11月は園庭でもはだしで遊ばせているため、「第二の心臓」ともいわれる足が鍛えられ、血液の循環が良くなり、風邪にも負けない健康で丈夫な身体が作られます。
乳児担当制保育【保育】
一人ひとりの子どもと丁寧な関わりを持つことで情緒が安定し、より深く理解することで子ども自身の能力を引き出します。家庭的でゆったりとした空間の中で信頼関係を築くことが、保育士自身の喜びにもつながります。
幼児異年齢【保育】
現代の子ども社会では薄れてしまった縦の人間関係を持つことで、人と関わる力(コミュニケーション能力)・自己肯定感を育みます。年齢だけで区切るのではなく、一人ひとりの発達を大切にします。
わらべうた【保育】
わらべうたは心と心を合わせ、人と関わることの心地よさ・楽しさを味わえます。幼児になると集団遊びが加わり、生きていく上で欠かせないコミュニケーション能力や社会性等の発達に役立ちます。
豊かな体験【保育】
水や太陽の光、風のそよぎや、どろんこ、木々や草花など、いろいろなものを肌で感じ取る乳幼児期の子どもの心を動かす実際の体験が、後に確かな知識へと結びついていきます。